大谷地湿原・戸隠森林公園・沼の原湿原

家を4時半に出発し外環・関越・上信越道と走り長野インターで下車、善光寺のそばを抜け第一の目的地
飯綱高原に9時半到着。大谷地湿原は道路に案内表示がなく迷ったが、整備された木道の両側にリュウ
キンカ、ニリンソウの群生が見られた。しかしミズバショウは終わっていました。戸隠森林植物園は戸隠神
社中社に近く森林を主体とした公園であるが、ここではわずかながらミズバショウが残っていた。沼の原湿
原は斑尾高原の中のわかりにくい場所にあり、探すのに苦労したが初めて見るウスユキソウのようなミツ
ガシワと湿原の風景を見て感激しました。この湿原の木道は
鉄道の枕木を利用しており風情があります。
今回は天気に恵まれましたが、3か所とも時期をずらしてセットでまた尋ねたいと思います(2006.05.31)

(飯綱高原)

(戸隠高原)

(斑尾高原)

大谷地湿原

案内看板

リュウキンカ

キンポウゲ科

群生

ニリンソウ

キンポウゲ科

群生

戸隠森林植物園

ミズバショウ

サトイモ科

群生

飯綱高原より寒いのか若干まだ残っておりました

ここは植物園と名前がついていますが、広大な公園
といった方がよいと感じました。ただ残念なことは樹木
に名札がなかったことです

トガクシショウマ

イワヤツデ

リュウキンカとニリンソウが同居

(ユキノシタ科)

沼の原湿原

案内看板

湿原遠景

ミツガシワ

ミツガシワ科

群 生

ウスユキソウに似た初めて見る花に感激、
しばし木道に座り込んで眺めていました。
水生植物です

サンカヨウ(メギ科)