カタクリ


 秩父鉄道羽生駅から「秩父路遊々フリーきっぷ」を利用して沿線の2か所を尋ねた。

長瀞町

樋口駅にて下車し、左手にしばらく進み右手の大きな橋を渡り突き当たりを左に曲がって
すぐのところにあります。名称は長瀞カタクリの郷と言い、山の斜面に見ることが出来ます
。看板には関東最大とありますが、これは誇大で規模は大きくありません。雑木林というより
竹林でちょっと変わった感じがします。

佐野市三毳山のように観光地化されてなく、どちらかと言うと自然をあまり改造せずそのまま
利用している点がよい。特に荒川村は弟富士山へのハイキングを兼ねての見学が楽しい。
(’05.04.02)


電車の場合はこの切符の利用がお得。熊谷からの利用も可(この切符の発行no.は402で偶然に日付と一致)

秩父鉄道が本数が少ない上、途中止まりもあるので、出発前に時間配分をしたい

武州日野駅でC58に偶然出会う

荒川村

武州日野駅にて下車、線路をはさんで反対側の山一帯がカタクリの群生地ですが、弟富士山
(386m)へのハイキングルートに群生しています。途中、イノシシ、シカの防護柵の入口を通過する
必要があります。なお、カタクリはともかくアズマイチゲの蕾がまだまだたくさんありました。

車利用の場合は関越道・花園インターを利用


(荒川村追加)
 4月2日に行ったときアズマイチゲが咲いていなかったので、4月6日再度訪問した。満開の
状態でした。

 アズマイチゲ   キンポウゲ科

    ユリワサビ     アブラナ科で荒川に下りる湿地帯にありました

武州日野駅

埼玉県・長瀞町/秩父市

(旧荒川村)